酒粕の栄養成分DB「エチルα-D-グルコシド(α-EG)」

【成分の性質】

清酒中に一般的に含まれる成分(日本酒だけでなく、ビールやワインにも)。

清酒においてエタノール,グルコースについで多く含まれ、その濃度はビールやワインなどの他の醸造酒と比較して高く,清酒独特の発酵法である並行複発酵の製法により多くなると言われる。

一般的には旨味成分として認識されているが、最近の研究で皮膚真皮層のコラーゲン量を増やすことを学術的に実証され、美肌成分として注目を浴びている。

【期待できる効果】

・美肌効果(保湿、コラーゲン量・弾性・水分量アップ)

【含まれる食材】

・酒粕
・清酒

糖化とアルコール発酵が同時に行われる(=並行複発酵)が、これの生成を促す。

【活用事例】

・化粧水などの基礎化粧品

この記事を書いた人