酒粕の栄養成分DB「α-GPC(グリセロホスホコリン)」

【成分の性質】

母乳に含まれ、生体内に広く存在する成分。認知機能に関わるアセチルコリンの前駆体、コリンのもととなるため、認知症の改善薬として使用されている。

また、成長ホルモンの分泌促進も担っているため、認知機能だけでなく、肌や体力など体の各器官の老化も防ぐ。甘味を呈する。

【期待できる効果】

・アルツハイマー認知症の改善
・成長ホルモンの分泌促進(肌や、気力体力を若返らせる)
・脂肪燃焼効果

【含まれる食材】

・酒粕
・大豆
・乾燥させたニジマスや、燻製した紅鮭

【活用事例】

・治療薬(アルツハイマー認知症)
・サプリメント(成長期の子ども向け)

この記事を書いた人