野菜でつくる、簡単スムージーレシピ3選【醸グルトのアレンジレシピ】

野菜スムージー_仮

酒粕を乳酸菌でもう一度発酵させた植物性のヨーグルト「醸グルト(JOGURT)」。美容にも健康にも良いとされる酒粕をもっとおいしく手軽に楽しんでほしいと、酒粕発酵専門店「Hacco to go!」が開発したヨーグルトです。

しかも、アルコールが抜かれているので朝から飲んでもOK!酒粕独特の匂いや味が苦手な人でも安心して楽しんでいただける商品です。

醸グルト商品写真_1

そんな「醸グルト」を使った、野菜の簡単スムージーをご紹介。朝食にプラスして、ぜひ飲み続けてみてくださいね!

朝食にプラス!小松菜とはちみつレモンのスムージー

小松菜_スムージー

<材料>(1人前)

・醸グルト・・・30g
・小松菜・・・30g
・レモン果汁・・・10
・はちみつ・・・25g
・無調整豆乳・・・70ml
・氷・・・・100g
・はちみつ(仕上げ)少々

<作り方>

1. ミキサーに材料をすべて入れて、なめらかになるまで回す
2. コップに注いだら、お好みで蜂蜜を回し入れてできあがり。

アボカドとレモンの美容スムージー

<材料>(1人前)

・醸グルト・・・50g
・アボカド・・・小1/2個
・無調整豆乳・・・150ml
・レモン果汁・・・小さじ2杯
・氷・・・50g
・アボカド、レモン(飾り用)

<作り方>

1. ミキサーに材料をすべて入れて、なめらかになるまで回す
2. コップに注いだら、薄くスライスしたアボカドとレモンをのせてできあがり。

ほうれん草とパイナップルのスムージー

<材料>(1人前)

・醸グルト・・・50g
・ほうれん草(冷凍でもOK)・・・15g
・パイナップル・・・50g
・無調整豆乳・・・80ml
・氷・・・100g

<作り方>

1. ミキサーに材料をすべて入れて、なめらかになるまで回す
2. コップに注いだら、刻んだパイナップル(分量外)をのせてできあがり。

終わりに

野菜を使ったアレンジレシピ。野菜なら比較的なんでも合いますが、苦みのあるキャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の野菜は特に合うものが多いんです。これから少しずつレシピの記事をあげていくので、楽しみにしていてくださいね。

お肌のコラーゲン密度をあげてくれたり、腸内環境を整えてくれたり、美白成分も入っていたりする、スーパーフード酒粕。その酒粕を使ってつくられた「醸グルト(JOGURT)」で毎日スムージーを飲んで、健康な身体を維持していきましょう!

「醸グルト(JOGURT)」の商品紹介ページはこちら。

————————————-
店舗やメニュー情報はこちら
Hacco to go! HP https://haccotogo.com/
インスタグラム @haccotogo
Twitter @Haccotogo

この記事を書いた人