果物でつくる、簡単スムージーレシピ3選【醸グルトのアレンジレシピ】

醸グルト_果物スムージー

酒粕を乳酸菌でもう一度発酵させた植物性のヨーグルト「醸グルト(JOGURT)」。健康・美容フードである酒粕をもっとおいしく手軽に楽しんでほしいと、酒粕発酵専門店「Hacco to go!」が開発した発酵食品です。

しかも、アルコールを抜いてあるので朝から飲んでもOK!酒粕独特の匂いや味が苦手な人でも安心して楽しんでいただけます。

アレンジ方法も多種多様。果物や野菜と一緒にスムージーにしても、オリーブオイルや酢と合わせてドレッシングにしても、お気に入りのジュースを混ぜて冷凍してアイスにしても、おいしく楽しくアレンジできちゃうんです。

今回は、そんなたくさんあるアレンジレシピの中から、果物を使った簡単スムージーをご紹介。ご家庭での発酵生活にぜひ参考にしてみてくださいね。

朝食にプラス!バナナスムージーの作り方

バナナスムージー

<材料>(1人前)

・醸グルト・・・50g
・バナナ・・・50g
・豆乳・・・100ml

<作り方>

1. ミキサーに材料をすべて入れて、なめらかになるまで回す
2. コップに注いだら、バナナ(分量外)をのせてできあがり。

ココアパウダーを振ったり、チョコレートソースをマーブルにするとお子様でも飲みやすくなりますよ。

簡単!ブルーベリースムージーの作り方

酒粕スムージー_ブルーベリー

<材料>(1人前)

・醸グルト・・・50g
・ブルーベリー・・・50g
・豆乳・・・100ml

<作り方>

1. ミキサーに材料をすべて入れて、なめらかになるまで回す
2. コップに注いだら、ブルーベリー(分量外)をのせてできあがり。

写真はブルーベリーをたっぷりと乗せていますが、量はお好みでOK。無糖なので甘さが欲しい方はブルーベリージャムやソースなどを乗せてもおいしいですよ。

おやつ代わりにも!マンゴースムージーの作り方

<材料>(1人前)

・醸グルト・・・50g
・マンゴー(冷凍)・・・50g
・豆乳・・・100ml

<作り方>

1. ミキサーに材料をすべて入れて、なめらかになるまで回す
2. コップに注いだら、マンゴー(分量外)をのせてできあがり。

※レシピはすべてて無糖で作っています。味見をしてみて「甘さが足りないな」と思った方はオリゴ糖やはちみつ、甜菜糖などご自分の好みのお砂糖を加えてください。1杯あたり15~20gくらい加えると、美味しく飲むことができますよ。

終わりに

果物を使ったアレンジレシピ。他にも、キウイやル レクチエ(洋ナシ)、オレンジやいちごを使ってもおいしいスムージーになるんですよ。これから少しずつアレンジレシピの記事をあげていくので、楽しみにしていてくださいね。

運動不足やストレスでおなかの調子が何となくすっきりしない方、お肌の美容を気遣う方、ダイエット中の方、腸内環境や免疫力を向上したい方、新潟生まれの​​「醸グルト(JOGURT)」を上手に使って、毎日の食事に美味しく発酵をとりいれましょう。

「醸グルト(JOGURT)」の商品紹介ページはこちら。

————————————-
店舗やメニュー情報はこちら
Hacco to go! HP https://haccotogo.com/
インスタグラム @haccotogo
Twitter @Haccotogo

この記事を書いた人