酒かすは1日50g、先ずは2週間。食べ方、続け方をお伝えします!

酒粕,ジェラート

いつもありがとうございます。

新潟の株式会社FARM8が運営している、酒粕&発酵専門店「Hacco to go!」です。

新潟は日本酒大国ですが、酒粕大国でもあります。

酒かすは、麹と酵母によって発酵された米からできる日本酒の最終副産物。

栄養価が豊富で、この2種類の菌によってダブル発酵された酒粕は、他の食材には無い成分が含まれていることも分かっています。

【酒粕を一日50g、2週間先ずは続けてみる】

という事をお勧めしているのですが、実際には酒粕をどのように食べてよいのか、どうやったら美味しく食べられるのか、他の食材と違ってレシピや記事が少ないというのが問題のひとつ。

そのため、Hacco to go!では、酒粕を簡単に食べられるレシピをご紹介しています。

こちらのマガジンを是非ご参考になさってみてください。

酒粕は、そのまま食べるなら冷凍してしまうのがおすすめ。

アイスを食べる感覚で、ぽいぽい食べられます。

特有の香りも抑えられていて、食べやすくなります。

また、焼くのもおススメです。

米からできていますので、冷たい状態だとねっとりとした食感で、結構歯に付いてしまう(笑)

温めるとでんぷんがα化されるため、歯切れが良く食べやすくなります。

また、苦手な方は味の濃いものと合わせるのがおすすめです。

カレーやピザソース、ドライプルーン、マヨネーズは酒粕を食べやすくしてくれる食材です。

Hacco to go!の商品をお使いいただいて、上手に50gを摂る方法はこちらでご紹介しております。

実際にご自分で一日50gの酒粕を食べる工夫をされている「渋谷区おばさん/発酵看護師」さん。

1週間で既にお肌の変化を実感されているとか・・・。

酒粕の美味しい食べ方についてもご紹介してくださっています。

色々な不調で、腸内環境から整えてみようと考えていらっしゃる方に、酒粕は大変お勧めの食材です。

ただ、アルコールが含まれていたり、レシピが少なかったりで食べにくいと思われていますが、食べ続けた時の効果はかなり実感できる食材だと思います。

ぜひ、このレシピやアイデアをご活用いただき、毎日の食事に酒粕をおつかいになってみませんか。

■食べやすい酒粕商品はコチラ。

■新潟駅にできたHaccoのお店はコチラ。

******************
店舗やメニュー情報はこちら
Hacco to go! HP https://haccotogo.com/
インスタグラム @haccotogo
Twitter @Haccotogo
******************

この記事を書いた人